電動昇降デスクの使い心地とエラー時の対応について(スタンディングデスク・RELAXWORK・flexispot)

スポンサードリンク

パソコンの前に座りっぱなしは体に良くないということで、最近スタンディングデスクを購入しました。

少し奮発して、下記の電動式昇降デスクにしました。

自分で組み立てるのですが、多くのレビューにもある通り本当に重かった!総重量約30kgですからね。

大人でも1人では厳しく、友人と2人がかりでどうにか完成させることができました。

一度置くと簡単には移動させられないので、置く場所も慎重に吟味しました。

そうした苦労の甲斐もあり、使い心地は最高です。

初めのうちは上下ボタンを長押しして好きな高さで止めていましたが、だんだんと自分にとって使いやすい位置がわかってきたので、今ではメモリーボタンに高さを覚えさせて(4つまで設定可能)、1度押すだけで好みの高さに変えることができます。

座りっぱなしでちょっと腰が疲れてきたらボタン1を押して立ち上がり、立ちっぱなしで足が疲れてきたらボタン2を押して座る。

もしこれが手動だったらこうはいきません。

20~30kgはあるような机をいちいち動かしていたら、かえって腰痛が悪化してしまうでしょう。

身体に良い机を買ったはずなのに、それでは本末転倒もいいところです。

メーカーはよくわかりませんが、アマゾンで安く買えたのも含めて、本当にいい買い物をしたと思います。

座り仕事の多い人はぜひ!

―― ここから追記です ――

最近部屋の模様替えをした際に、デスクの下にメタルラックを置いたのですが、これのせいでちょっとしたトラブルが起こってしまいました。

一応解決はできたので、その一部始終をお伝えしておきます。

トラブルというのは、まあ起こるべくして起こったようなものなのですが、机の高さを手動で下げた時に、うっかりデスク下のラックにぶつかってエラーが起きたということです。

いやあ焦りました。

普段は高さが表示される部分に A5b のような表示(正確には最後のbは右縦線がなくFを逆さまにしたような形)が出て、それ以降はどのボタンを押しても、電源コードを抜き挿ししてもまったく反応しなくなってしまったのです。

説明書をどこに置いたか忘れたので、とりあえずアマゾンの購入履歴から製品ページへ行き、そこに書いてあったサポートの連絡先に電話を掛けてみました。

しかし、コール開始から1秒以内にブツッと切れてしまい、何度かけても誰も出てはくれませんでした。

また、製品のレビューには「メールを送ったが返ってこない」というコメントがあったので、メールも諦めました。

とりあえず RELAXWORK の公式サイトがないか探すことにしました。

ところが、下記のような怪しげなページくらいしか出てきませんでした。

relaxworkjp
relaxworkjp

かなり落胆し、RELAXWORK 関連で情報を探すことを諦め、「電動昇降デスク 故障」という幅広いキーワードで検索をかけました。

そして、下記のページを見つけたのです。

flexispot電動式スタンディングデスクでトラブル・故障した時の解決方法 | Nouvelles
flexispot電動式スタンディングデスクを購入して2年になる私がお伝えする「flexispot電動式スタンディングデスクが故障した時」の解決方法についてご紹介します。   そんな私は、電動式スタンディングデ …

上記は flexispot というメーカーの電動昇降机が故障したという話なのですが、内容をよく見てみると、エラーの表示がほとんど同じようなのです。

そして、そこに書いてあったサポートの返信を読むと、「下ボタンを押し続ける」という方法が書かれていたので、一か八かやってみることにしました。

「動いてくれ~」と願いながら30秒ほど下ボタンを押しました。

ところが、ピクリとも動きませんでした。

ダメか、と思いながらもう一回下ボタンを押すと、いきなり動き出しました!

一番低い70.0cmのところで止まるとピーという音がしたので指を離し、今度は上ボタンを押すと、いつも通りきちんと動きました。

メモリーボタンも生きており、設定した高さまで動いてくれました。

というわけで、今回の件で RELAXWORK というメーカー(?)への信頼度はガタ落ちしたわけですが、電動昇降に関する部分は他社と共通する部分がありそうなので、まだどうにか使っていくことができそうで一安心です。

同じような状態になってしまった方の参考になれば幸いです。

やはり、長く使う物はサポート体制も重視しないといけないかもしれませんね。

上記は flexispot の製品です。これは軽さ重視とのことで、お値段も抑え気味になっていますね。

こっちのほうがよかったかもしれない・・・

コメント

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました