【発音講座2】「オ」と「オー」の音をマスター!

このページでは「オ」と「オー」に関する知識をお伝えします。

しっかりと記憶に残すためにも、この記事のために厳選した4択問題をぜひ解いてください。

※問題とルールは通し番号になっていますので、1から始まっていない場合があります。

時間のない人は、下の目次の2.「オ」に関するルールまとめに飛んでもらえば1分で終わります。

スポンサードリンク

4択問題に挑戦!

[ou]と[ɔː]

Q4.下線部の発音が1つだけ異なるものはどれ?

1. daughter

2. draw

3. notebook

4. tall

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

正解!正解!

残念!残念!

正解は 3 です。

3は[ou]、他は[ɔː]の音です。「オー」の音は、つづりに -o- が含まれるかどうかで区別できます。

発音記号と詳細説明を見る
  1. daughter[dɔ́ːtər
  2. draw[drɔ́ː]
  3. notebook[nóutbuk]
  4. tall[tɔ́ːl]

ルール4

「オー」と聞こえる場合、つづりに -o- を含むなら[ou]、含まないなら[ɔː]

[ou]は「オウ」、[ɔː]は「オー」のように読みます。

日本人が注意すべきは[ɔː]のほうです。

たとえば、coatとcaughtを区別できていますか?

両方「コウト」と読んだらアウトです。

coatは「コウト」、caughtは「コート」です。

※coat[kóut]、caught[kɔ́ːt]

日本語は「オ」の音を伸ばすと自然に「ウ」に変わっていく言語なので、最初は意識的に「ウ」にならないように気を付けないとすぐ[ou]になってしまいます。

※『放送(ほうそう)』『行動(こうどう)』『どうもありがとう』『もうろう』など、日本語は慣習的に[o]の後に[u]を続ける。表記上は「お」となる『氷(こおり)』や『遠い(とおい)』なども発音上は[ou]となっている。

「オー」と読むコツは、口の力を緩めないことです。口の力が緩むと口が閉じてきてしまい、勝手に「ウ」の音に変わってしまいます。

「オ」の音を1メートルくらい先まで飛ばす感覚で発音しましょう。10回くらい練習すれば身に付くと思います。

ちなみに、つづりに-o-を含んで「オウ」と読むつづりは-o-、-oa-、-ou-、-ow-の4種類、つづりに-o-を含まないで「オー」と読むのは-a-、-au-、-aw-の3種類が主です。

Q4の復習

1. road

2. soul

3. throw

4. walk

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

正解!正解!

残念!残念!

正解は 4 です。

4は[ɔː]、他は[ou]です。

発音記号と詳細解説を見る
  1. road[róud]
  2. soul[sóul]
  3. throw[róud]
  4. walk[wɔːk]

※soul「(名)魂」

ルール4 (再掲)

「オー」と聞こえる場合、つづりに -o- を含むなら[ou]、含まないなら[ɔː]

ルールを知っていれば簡単ですよね。

ところで、前回の説明で言葉足らずだった部分を補足しておきます。

前回 -o-、-oa-、-ou-、-ow-は[ou]の発音をすると書きましたが、[ou]としか読まないわけではありません。

特に、つづり -ou- と -ow- はどちらかというと[au]「アウ」と読むほうが多いです。

例を挙げると、about、cloud、flower、house、loud、mountain、out、south、power、towerなどなど、中学生で覚える単語だけでもたくさんあります。

ですので、つづり -ou- と -ow- は基本的に[au]と覚え、[ou]と読む単語を例外として覚えていく方が効率がいいです。

もう一つ付け加えておくと、-au- と -aw- は99%[ɔː]「オー」としか読みません。

例外はauntとlaughくらいですので覚えてしまいましょう。

※aunt[ǽnt | άːnt]、laugh[lǽf | lάːf]

例外的な[ɔː]

Q5.下線部の発音が1つだけ異なるものはどれ?

1. broad

2. brought

3. though

4. thought

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

正解!正解!

残念!残念!

正解は 3 です。

つづりに-o-を含むもののうち、-broad-系と-ought-系は例外で[ɔː]と読みます。

発音記号と詳細解説を見る
  1. broad[brɔ́ːd]
  2. brought[brɔ́ːt]
  3. though[ðóu]
  4. thought[θɔ́ːt]

※broad「(形)広い」、though「(接)~だが」

ルール4 (再掲)

「オー」と聞こえる場合、つづりに -o- を含むなら[ou]、含まないなら[ɔː]

ルール5

ただし、-broad- 系と –ought- 系はすべて[ɔː]

ルール5はルール4の重大な例外事項です。

-broad- 系とは、まずbroadという単語そのものと、abroadやbroadcastなど、つづりに -broad- を含む単語のことを意味します。

-broad- 系の単語

・abroad
・broad
・broadcast
・broadcaster
・broaden
・broadly
・broadness

※abroad「(副)外国へ」、broad「(形)広い」、broadcast「(動)放送する」、broadcaster「(名)アナウンサー」、broaden「(動)広げる」、broadly「(副)広く」、broadness「(名)広さ」

これらの -oa- はルール4の例外で、-o- を含むにもかかわらず[ɔː]と発音します。

-oa- は基本的に[ou]と発音し、例外はこの -broad- 系のみですので、これさえしっかりと覚えておけばもう大丈夫です。

-ought- 系も同様に、つづりに -ought- を含む単語のことを意味します。

-ought- 系の単語

・bought
・brought
・fought
・ought
・sought
・thought
・thoughtful

※fought:fight「(動)戦う」の過去・過去分詞形、ought「(ought toで)~すべき」、sought:seek「(動)探し求める」の過去・過去分詞形、thoughtful「(形)思いやりのある」

例外としてdrought[dráut]とdoughty[dáuty]があります。これさえ知っておけば -ought- 系は大丈夫です。

※drought「(名)日照り、干ばつ」、doughty[(形)勇猛果敢な]

Q5の復習

1. ball

2. boat

3. bought

4. broadcast

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

正解!正解!

残念!残念!

正解は 2 です。

2は[ou]、他は[ɔː]です。

発音記号と詳細解説を見る
  1. ball[bɔ́ːl]
  2. boat[bóut]
  3. bought[bɔ́ːt]
  4. broadcast[brɔ́ːdcæ̀st | brɔ́ːdcὰːst]

ルール4 (再掲)

「オー」と聞こえる場合、つづりにoを含むなら[ou]、含まないなら[ɔː]

ルール5 (再掲)

ただし、-broad-系と-ought-系はすべて[ɔː]

broadcastの発音記号に第2強勢(2番目に強く読むアクセント)が登場しました。

[brɔ́ːdcæ̀st]の[æ̀]の部分です。右上がりの第1強勢とは逆に、右下がりの記号です。

一応、第1強勢よりも第2強勢のほうが少し弱いのですが、日本人などの非ネイティヴは無理に強弱をつける必要はありません。

でも、英単語には強弱のリズムがあるということを覚えておきましょう。

次の単語を見てください。

basketball[bǽskitbɔ̀ːl]

母音に注目すると、強い(ǽ)→弱い(i)→強い(ɔ̀ː)という流れになっていますね。

supermarket[súːpərmὰːrkit]

これも、強い(úː)→弱い(ə)→強い(ὰː)→弱い(i)となっています。

英語っぽく日本語を発音すると、『スーシ』とか『テンプーラ』のようになるのは、どうしても強弱のリズムをつけようとしてしまうからなんですね。

ぜひ英会話での参考にしてください。

カタカナ発音に注意!

Q6.下線部の発音が1つだけ異なるものはどれ?

1. both

2. job

3. only

4. photo

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

正解!正解!

残念!残念!

正解は 2 です。

カタカナ語の「オ」は、実は「オウ」と読むべきものが結構あります。

発音記号と詳細解説を見る
  1. both[bóuθ]
  2. job[ʤὰːb | ʤɔ́b]
  3. only[óunli]
  4. photo[fóutou]

※both「(代)両方」

ルール6

「オ」だと思っていたら「オウ」だった!

ちょっとルールとは言い難いですが、非常に重要なので覚えておきましょう。

このルールは主にカタカナ語になっている単語にあてはまりやすいものです。

会話で伝わらないことも多々あります(体験談)。

上の問題ではboth、only、photoを出しました。

どうでしたか?「ボ」「オ」「フォ」と読んでいたら間違いですよ。

それぞれ「ボウ」「オウ」「フォウ」と読まないといけません。

特にbothは-th-の発音([θ])も日本人は苦手ですから、boss[bὰːs | bɔ́s]にしか聞こえない人は多いです。

もう一つ注意しておくと、短い「オ」の発音はアメリカ英語とイギリス英語で違います。

上の発音記号でも書いている通り、米音は[ɑː]「アー」となり、英音は[ɔ]「オ」となりますので、日本人にはイギリス人の発音の方が聞き取りやすいかもしれません。

※[ɑ]は「ア」に分類される音ですが、のどの奥から出すため少し「オ」の音も混じって聞こえます。

さて、『「オ」じゃなくて「オウ」だった!』はまだまだありますので、もう1問やってみましょう。

Q6の復習

1. body

2. cocoa

3. most

4. program

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

正解!正解!

残念!残念!

正解は 1 です。

1は[ɑː | ɔ]、他は[ou]です。

発音記号と詳細解説を見る
  1. body[bὰːdi | bɔ́di]
  2. cocoa[kóukou]
  3. most[móust]
  4. program[próugræm]

ルール6 (再掲)

「オ」だと思っていたら「オウ」だった!

正解できましたか?

ここまで挙げてきたboth、only、photo、cocoa、most、programはセンター試験でも問われており、英会話でも頻繁に出る単語です。

特に -ost- 系は、host[hóust]、lost[lóust]、post[póust]など、よく出てきますので注意しておきましょう。

-o- に関しては特に、カタカナ発音は信用しないほうが賢明でしょう。

地道に辞書を確認するのが最善の策です。

[ou]だった場合は少し大袈裟に「オウ!」と発音して覚えていくようにするしかありません。

「オ」に関するルールまとめ

「オ」「オー」と聞こえた時の心構えはもう大丈夫ですか?

もう一度ルールをおさらいしておきましょう。

ルール4

「オー」と聞こえる場合、つづりにoを含むなら[ou]、含まないなら[ɔː]

ルール5

ただし、-broad-系と-ought-系はすべて[ɔː]

ルール6

「オ」だと思っていたら「オウ」だった!

以上3つのルールを覚えておきましょう。

単語のつづりで -a-, -ar-, -war- などを見るたび思い出してくださいね。

あわせて次の内容もご確認ください。

表記法について

このページでは、説明の中で発音やつづりを明確に区別できるよう、次のように表記方法を定めています。

発音記号:[ ]で囲む。

 例:[æ],[ʌ],[əːr

●単語のつづりの一部:- - (ハイフン)で囲む。

 例:book → -b-, -oo-, -k-

●カタカナ発音:「 」で囲む。

 例:「ブック」「サマー」

・米音と英音の区別:[米 | 英]と表記。

 例:rock[rɑk | rɔk]

・米音と英音の区別(r):[r]と表記。

 例:car[kɑːr

 ※上の例は[kɑːr | kɑː]と同意(英音では伸ばす[r](巻き舌のr)は発音されない)。

参考書籍

正しい発音を身につけるには音を聞くのが一番です。

CD付きのものを1冊持ちましょう。

次によく読まれている記事

ここ1週間の間、この記事を読んだ人が次によく読んでいる上位記事はこちらです。

【発音講座1】「ア」と「アー」の音をマスター!
簡単ルールで「ア」や「アー」の音の違いをすぐにマスターできます。楽しい4択クイズでいつの間にか発音記号も覚えられます。センター試験の第1問対策や英会話の上達などにご利用ください。
【発音講座3】「エ」と「エイ」の音をマスター!
簡単ルールで「エ」や「エイ」の音の違いをすぐにマスターできます。楽しい4択クイズでいつの間にか発音記号も覚えられます。センター試験の第1問対策や英会話の上達などにご利用ください。
【発音講座4】「イ」と「イー」の音をマスター!
簡単ルールで「イ」や「イー」の音の違いをすぐにマスターできます。楽しい4択クイズでいつの間にか発音記号も覚えられます。センター試験の第1問対策や英会話の上達などにご利用ください。
【発音講座5】「ウ」と「ウー」の音をマスター!
簡単ルールで「ウ」や「ウー」の音の違いをすぐにマスターできます。楽しい4択クイズでいつの間にか発音記号も覚えられます。センター試験の第1問対策や英会話の上達などにご利用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました