獨協大学の自由英作文テーマ一覧【2015~2019】

← 自由英作文トップページに戻る

獨協大学で過去に出題された自由英作文のテーマを掲載しています。

志望校対策にお役立てください。

スポンサードリンク

過去の自由英作文テーマ一覧

※各年度をクリックすると開きます。

外国語学部-英語学科・交流文化学科(A方式)

2015年度

以下のトピックについて、50語以上70語以内の英語で答えなさい。

The Japanese government now encourages students to study abroad. Discuss the advantages and disadvantages of studying abroad.

2016年度

以下のトピックについて、50語以上70語以内の英語で答えなさい。

Japanese law prohibits the holding of an umbrella while riding a bicycle. Do you agree or disagree with this policy? Explain your position.

2017年度

以下のトピックについて、50語以上70語以内の英語で答えなさい。

In some countries, “a gap year” allows students to take one year off to widen their experiences after being accepted into a university. Do you think this would work in Japan? Explain your position.

2018年度

以下のトピックについて、50語以上70語以内の英語で答えなさい。

Parents and educators are concerned that children may be spending excessive time online. Should parents limit the amount of time children spend online? Explain your position.

2019年度

以下のトピックについて、50語以上70語以内の英語で答えなさい。

Some parents and educators are concerned that students may be spending too much time on club activities (bukatsu). Explain your pisition on this issue.

← 自由英作文トップページに戻る

赤本を持とう

過去問なしで受験はできません。必ず自分専用のものを1冊持ちましょう。

次によく読まれている記事

ここ1週間の間、この記事を読んだ人が次によく読んでいる上位記事はこちらです。

自由英作文対策(英検ライティング対策)を始めるなら今すぐすべきことはこの3つ!【保存版】
大学入試の自由英作文対策は本当に簡単。誰にでもできる勉強法を徹底解説。間違った自由英作文対策をしていませんか?正しい方法なら誰でも続けられ、英語力もどんどん伸びます。
【おすすめ参考書】#0001『日本人の英語』(マーク・ピーターセン著)
この本は日本語で書かれていますが、著者は生粋のアメリカ人です。編集者のチェックは入っているでしょうが、すべて著者本人の言葉です。そんな著者からの、英語学習者への心のこもった(こもりすぎた?)衝撃のアドバイスがこちらです。
【おすすめ参考書】#0002『続・日本人の英語』(マーク・ピーターセン著)
表面的な知識ではなく、個人としてのアメリカ人の感覚や視点を知ることで推察しうる、英語の根底にある何かを掴もうとするなら、これ以上の良書は存在しないと言ってもいいかもしれません。たとえば次のような一節は、一般的な参考書では決して見ることはないでしょう。
【おすすめ参考書】#0003『心にとどく英語』(マーク・ピーターセン著)
前作から8年以上が経過する中で、著者が溜めに溜めた「日本人の英語」を、まるでストレスを発散するかの如く次々と論理的に訂正していくさまは、一瞬のうちに引き込まれて、あっという間に最後まで読み切ってしまうほどです。
【おすすめ参考書】#0004『実践 日本人の英語』(マーク・ピーターセン著)
本書は著者が英作文の授業で受け持った大学生の答案添削が中心なので、大学受験生にとって非常にためになることは間違いありません。以下に間違いを含む例として挙げられているものを引用します。あなたは間違いに気づけますか?

← 自由英作文トップページに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました