早稲田大学-スポーツ科学部の倍率推移【2010~2019】

この記事は早稲田大学公式サイトを参考に作成しています。内容の正確さには万全を期していますが、この記事の内容だけを鵜呑みにせず、公式サイトや募集要項等を併せてご確認ください。

※スポーツ科学部の合格最低点推移はこちらです。

スポンサードリンク

各種人数と倍率の推移

※実質倍率は受験者数÷合格者数(補欠合格者含む)で算出しています。
※スポーツ科学部は2010年度入試より募集形式が変更されているため、2009年度以前の結果については割愛しています。

一般入試

年度募集人員受験者数合格者数実質倍率
正規補欠
20101001,460261454.8
20111001,45927905.2
20121001,54124806.2
20131001,512236515.3
20141001,498227595.2
20151001,443231125.9
20161001,53425106.1
20171001,581186277.4
20181001,738145449.2
20191001,49715509.7

センター利用入試

センターのみ方式

年度募集人員受験者数合格者数実質倍率
2010507591554.9
2011507591574.8
2012506271554.0
2013504691493.1
2014507641226.3
2015506031663.6
2016505181343.9
2017506231524.1
2018505171104.7
2019505311583.4

センター+一般方式

年度募集人員受験者数合格者数実質倍率
2017501,0151307.8
2018501,1131179.5
2019509401865.1

※センター+一般方式は2017年度開始です。

競技歴方式

年度募集人員受験者数合格者数実質倍率
201050326853.8
2011503261013.2
2012503211092.9
2013503551113.2
2014503551103.2
2015503341063.2
2016503801153.3
2017504071123.6
2018504041024.0
2019504001053.8

※競技歴方式では、1次試験(センター試験)の得点と2次試験(書類審査)の得点を合算して合否を判定します。

過去問

他の学部を見る

政治経済学部法学部
文化構想学部文学部
教育学部商学部
基幹・創造・先進理工学部社会科学部
人間科学部スポーツ科学部
国際教養学部 
タイトルとURLをコピーしました