サイトタイトル変更のお知らせ

10月12日付けで「英語の勉強どうする?こうする!」から「よびめも」に変更しました!今後ともよろしくお願い致します。

スポンサードリンク

中央大学の得点調整の有無と計算方法まとめ

← 大学入試情報トップページに戻る

得点調整についての一般的な話はこちら↓です。

【保存版】難関私大の得点調整・標準化とは何か?計算方法は?
合格最低点はウソ? 赤本などで目にする合格最低点は、実は本当の点数ではないかもしれません。 「ウソ」というのはやや大袈裟ですが、過去問を解いてから合格最低点を見てみたときに、こう思う人も少なくないはず。 「アレ、意外と低いなあ?これな...
スポンサードリンク
スポンサードリンク

中央大学は得点調整を行うか

はい、行います。

大学公式サイトのよくある質問の中で、以下のような質問と回答が掲載されています。

得点を偏差点で調整することがあると聞きましたが、それはどういうものですか?

得点を偏差点で調整することの目的は、以下の2点です。

1. 選択科目間の有利・不利を是正するため

例えば、Aさんは日本史Bを選択し70点、Bさんは世界史Bを選択し60点だったとします。但し、日本史Bについてはその日出題された問題が平易で、受験者平均点が80点、世界史Bについては問題が難しく、平均点が40点だった場合、偏差点処理を行い、AさんとBさんの選択科目に有利、不利がないように「等価調整」を行います。

2. より配点に応じた合否判定を行うため

英語の配点が150点、国語が100点、選択科目が100点の場合、英語が極端に難しくて150点の配点の意味を損なう可能性があるとき(配点が150点で平均点が60点、他の科目は配点が100点で平均点が60点だった場合等)、150点の配点の重みを確保するために偏差点調整を行います。ゆえに、合格最低点については、受験なさった方の選択科目や、受験生全体の外国語の出来次第によって、素点から得点が上がる場合も下がる場合もあります。

得点調整の必要性については非常にわかりやすい内容ですが、肝心の計算式はどこにあるのでしょう・・・

大学公式サイトにも2019年度受験案内にも載っていませんでしたので、どうやら非公表のようです。

偏差点という用語から、立教大学と同じ偏差値法が採用されているのではないかと推測されます。

偏差値法については下記の立教大学の得点調整についての記事をお読みください。

立教大学の得点調整の有無と計算方法まとめ
立教大学の入試における得点調整についての記事です。過去問演習などで自分が何点取れているのか気になる人はぜひお読みください。

ただし、立教大学も計算式は非公表なのです。

困りましたね。

使える計算式はないの?

得点調整があるなら、どのような計算式で算出されているか知りたいよ~という人は多いと思います。

そんなときは、次の大学をチェックしましょう。

たとえば早稲田大学は「成績標準化」という名称で得点調整を実施しています。

大学は計算式を公表していませんが、しばしば予備校などで用いられている計算式については、下記の早稲田大学の得点調整(成績標準化)の記事で紹介していますので、ぜひご覧ください。

早稲田大学の得点調整の有無と計算方法まとめ
早稲田大学の得点調整(成績標準化)について説明する記事です。おすすめの計算方法もご紹介。

また、関西大学では「中央値方式」と「標準得点方式」という方法で得点調整を行っており、その計算式を大学が公表してくれています。

下記の関西大学の得点調整についての記事で詳しく紹介していますので、こちらもぜひお読みください。

関西大学の得点調整の有無と計算方法まとめ
関西大学の入試における得点調整についての記事です。合格最低点等を参照する際に併せてお読みください。

中央大学の合格最低点推移

中央大学の合格最低点推移【2006~2020】
中央大学の合格者成績推移を最大15年分掲載。法学部、経済学部、商学部、理工学部、文学部、総合政策学部、国際経営学部、国際情報学部についてまとめています。

← 大学入試情報トップページに戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました