東京大学の女子学生数と比率の推移【2006~2021】

この記事は東京大学公式サイトを参考に作成しています。内容の正確さには万全を期していますが、この記事の内容だけを鵜呑みにせず、公式サイトや募集要項等を併せてご確認ください。

Sponsored Link

推薦入試合格者の女子比率推移

年度総数女子数比率
2016772937.7%
2017712738.0%
2018692942.0%
2019662740.9%
2020733345.2%
2021924245.7%

前期日程合格者の女子比率推移

総合計

年度総数女子数比率
20083,00054318.1%
20093,00755718.5%
20103,00955718.5%
20113,00954718.2%
20123,00848916.3%
20132,99854918.3%
20143,00955718.5%
20153,00854018.0%
20163,03155718.4%
20173,01258219.3%
20183,01455118.3%
20193,01851016.9%
20203,01055618.5%
20212,99459920.0%

文科

合計

年度総数女子数比率
20081,23430724.9%
20091,23329724.1%
20101,23332626.4%
20111,23331225.3%
20121,23328823.4%
20131,23332526.4%
20141,23432426.3%
20151,23330124.4%
20161,24831625.3%
20171,23935929.0%
20181,23730724.8%
20191,23928823.2%
20201,23832426.2%
20211,22834628.2%

一類

年度総数女子数比率
20084017117.7%
20094016315.7%
20104019323.2%
20114018721.7%
20124017418.5%
20134018320.7%
20144019022.4%
20154016917.2%
201640110125.2%
20174029824.4%
20184048220.3%
20194047618.8%
20204079623.6%
20214049323.0%

二類

年度総数女子数比率
20083544913.8%
20093535716.1%
20103535315.0%
20113534813.6%
20123534913.9%
20133535816.4%
20143535214.7%
20153535515.6%
20163605615.6%
20173626116.9%
20183615114.1%
20193644813.2%
20203617119.7%
20213556117.2%

三類

年度総数女子数比率
200847918739.0%
200947917737.0%
201047918037.6%
201147917737.0%
201247916534.4%
201347918438.4%
201448018237.9%
201547917737.0%
201648715932.6%
201747520042.1%
201847217436.9%
201947116434.8%
202047015733.4%
202146919240.9%

理科

合計

年度総数女子数比率
20081,76623613.4%
20091,77426014.7%
20101,77623113.0%
20111,77623513.2%
20121,77520111.3%
20131,76522412.7%
20141,77523313.1%
20151,77523913.5%
20161,78324113.5%
20171,77322312.6%
20181,77724413.7%
20191,77922212.5%
20201,77223213.1%
20211,76625314.3%

一類

年度総数女子数比率
20081,129908.0%
20091,129978.6%
20101,129837.4%
20111,128797.0%
20121,128625.5%
20131,122847.5%
20141,128786.9%
20151,128877.7%
20161,135958.4%
20171,126857.5%
20181,130938.2%
20191,128918.1%
20201,12511210.0%
20211,1221089.6%

二類

年度総数女子数比率
200854713624.9%
200954715127.6%
201054712823.4%
201154814125.7%
201254712522.9%
201354312322.7%
201454713825.2%
201554713624.9%
201655013324.2%
201754911921.7%
201854913524.6%
201955411420.6%
202055010318.7%
202154613023.8%

三類

年度総数女子数比率
2008901011.1%
2009981212.2%
20101002020.0%
20111001515.0%
20121001414.0%
20131001717.0%
20141001717.0%
20151001616.0%
2016981313.3%
2017981919.4%
2018981616.3%
2019971717.5%
2020971717.5%
2021981515.3%

入学者総数の女子比率推移

年度総数女子数比率
20063,16163320.0%
20073,15058318.5%
20083,16359418.8%
20093,15459018.7%
20103,16360719.2%
20113,15858918.7%
20123,15354517.3%
20133,15459418.8%
20143,15960619.2%
20153,14458018.4%
20163,14661519.5%
20173,12063720.4%
20183,13261019.5%
20193,12556718.1%
20203,11661419.7%
20213,13066421.2%

学部生の女子比率推移

総合計

年度総数女子数比率
200614,4712,82019.5%
200714,2412,75919.4%
200814,0852,69319.1%
200914,0572,67119.0%
201014,1722,66318.8%
201114,1282,63718.7%
201214,0182,56618.3%
201314,0132,58418.4%
201414,0032,62118.7%
201513,9602,60118.6%
201614,0472,66419.0%
201714,0022,71119.4%
201814,0242,73419.5%
201914,0582,70719.3%
202014,0072,71119.4%
202114,0332,76819.7%

前期課程

教養学部

年度総数女子数比率
20066,7311,28419.1%
20076,6601,25118.8%
20086,6771,21618.2%
20096,6241,21918.4%
20106,5701,22318.6%
20116,5511,21818.6%
20126,5681,16717.8%
20136,5901,17517.8%
20146,6431,25318.9%
20156,6411,24718.8%
20166,6731,25718.8%
20176,6861,31819.7%
20186,6651,30919.6%
20196,6401,24118.7%
20206,6441,24618.8%
20216,6321,34820.3%

後期課程

法学部

年度総数女子数比率
20061,40430021.4%
20071,20026622.2%
20081,08225123.2%
20091,05625023.7%
20101,06222220.9%
20111,04418918.1%
20121,01320420.1%
201397720721.2%
201495619920.8%
201595718319.1%
201695219520.5%
201792918019.4%
201890119121.2%
201993021823.4%
202091821823.7%
202192621022.7%

経済学部

年度総数女子数比率
200681113416.5%
200781812915.8%
200883013816.6%
200982613716.6%
201080712615.6%
201177912315.8%
201277113417.4%
201378215019.2%
201477214919.3%
201574913417.9%
201676513017.0%
201774813017.4%
201875013518.0%
201978014418.5%
202076514118.4%
202180813516.7%

文学部

年度総数女子数比率
200686030034.9%
200786231136.1%
200884229334.8%
200986528432.8%
201092628330.6%
201191125127.6%
201290723225.6%
201389723125.8%
201486423427.1%
201578822728.8%
201677722228.6%
201776022329.3%
201882922326.9%
201984823327.5%
202084623227.4%
202178620926.6%

教育学部

年度総数女子数比率
200625010441.6%
200724310041.2%
20082338235.2%
20092409137.9%
20102399740.6%
20112368937.7%
20122258035.6%
20132157635.3%
20142096732.1%
20152158037.2%
20162208438.2%
20172308034.8%
20182298336.2%
20192338636.9%
20202338636.9%
20212278738.3%

教養学部

年度総数女子数比率
200644214031.7%
200740413032.2%
200839413333.8%
200940313633.7%
201042814634.1%
201141915336.5%
201243214132.6%
201342313331.4%
201443311727.0%
201546314030.2%
201649617234.7%
201751317534.1%
201849914929.9%
201950917634.6%
202051118335.8%
202150716632.7%

工学部

年度総数女子数比率
20062,0261628.0%
20072,0801738.3%
20082,0531798.7%
20092,1041858.8%
20102,1651959.0%
20112,1752079.5%
20122,1502039.4%
20132,15622610.5%
20142,1412139.9%
20152,1411918.9%
20162,18022010.1%
20172,18624011.0%
20182,16223110.7%
20192,1352079.7%
20202,1082049.7%
20212,14222210.4%

理学部

年度総数女子数比率
20066076310.4%
20076377111.1%
20086496710.3%
2009642629.7%
20106676710.0%
20116637311.0%
20126156710.9%
2013625589.3%
2014647619.4%
20156578012.2%
20166678512.7%
20176307511.9%
20186378513.3%
20196598012.1%
20206597912.0%
2021660588.8%

農学部

年度総数女子数比率
200668017125.1%
200767416824.9%
200866317526.4%
200965516525.2%
201066216625.1%
201166718527.7%
201264918127.9%
201365517526.7%
201464818027.8%
201565117326.6%
201662916125.6%
201764615524.0%
201865517126.1%
201961114824.2%
202061014824.3%
202162515524.8%

薬学部

年度総数女子数比率
20061856133.0%
20071845731.0%
20081774827.1%
20091744324.7%
20101865026.9%
20111965427.6%
20121904925.8%
20131874725.1%
20141844725.5%
20151884523.9%
20161884423.4%
20171824223.1%
20181865429.0%
20191906031.6%
20201906031.6%
20211947036.1%

医学部

年度総数女子数比率
200647510121.3%
200747910321.5%
200848511122.9%
20094689921.2%
20104608819.1%
20114879519.5%
201249810821.7%
201350610620.9%
201450610120.0%
201551010119.8%
20165009418.8%
20174929318.9%
201851110320.2%
201952311421.8%
202052311421.8%
202152610820.5%

2020年度までに女子学生比率を30%に

以下は国立大学法人東京大学男女共同参画室が2013年に公表した資料東京大学における男女共同参画の取組み中の朝日新聞の記事より引用。

増えぬ受験生、社会の課題

東京大学理事 江川雅子

この春、東京大学に入学した女子学生の比率は18.8%で、国際的にも極めて低い。米国のハーバード大学などの伝統校でも女子はほぼ半数を占め、理工系のマサチューセッツ工科大学でも45%である。

(中略)

私は2009年に東大の理事に就任し、大学経営に関与する女性が他に全くいないことに驚いた。米国のアイビーリーグと呼ばれる名門大学では、その半分が女性学長だった。東大の130年以上の歴史の中で、総長はもちろん、学部長も女性は皆無だ。

(中略)

平均的な東大の女子学生は、周りがほぼ日本人男性という特殊な環境で4年間を過ごす。多様性への対応能力が欠かせない、このグローバル時代で、教育環境として問題がある。

そこで、女子比率を20年までに3割にする目標を掲げ、高校生を対象にした説明会を催したり、女子学生が母校を訪問したり、懸命の努力を続けている。

その他の情報

東京大学の合格最低点と倍率の推移【2006~2022】
東大の合格者成績推移を15年分掲載。合格最低点・平均点・最高点、および第1段階選抜(足切り点)の推移等をまとめています。
東京大学の倍率推移【2006~2021】
東大の志願倍率や合格者数等の推移を15年分掲載。
東京大学-文科の類間比較【2006~2022】
東大文科各類の合格者成績と各種人数や倍率等を並列し、比較対照しやすくまとめています。
東京大学-理科の類間比較【2006~2022】
東大理科各類の合格者成績と各種人数や倍率等を並列し、比較対照しやすくまとめています。
【2019受験用】東京大学に合格するには何点取ればいい?科目別に目標点を設定しよう!
東大合格のためのおすすめ目標点を掲載しています。また、科類ごとに目標点設定方法をアドバイスしています。
東大合格者が2次直前期にした英語の勉強法とお薦め参考書
センター試験が終わり、2次試験まで残り1ヵ月。東大合格者がこの期間に何を考え、どのような勉強の仕方をしていたかをできる限り詳細にお伝えします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました