【2020解答速報】センター追試験[英語筆記]第4問Aの解答・解説・和訳

問題と解答はこちら↓

センター英語筆記2020追試験(問題)

センター英語筆記2020追試験(解答)

スポンサードリンク
スポンサードリンク

第4問Aの解答・解説・和訳

本文全訳

盲目・弱視の人々の自力での移動には公共交通機関が不可欠だ。彼らはバスでの利用を好むが、バス停を見つけることがしばしば困難であるという声が上がっている。バス停の位置に関する情報が増えれば、バス輸送システム利用の利便性が向上するかもしれない。バス停のベンチや標識といったランドマーク(目印・陸標)はバス停の位置を認識するのには役立つかもしれないが、バス路線図に標準的に表示されているわけではない。研究者らは現在、盲目・弱視の人でもランドマークを識別しやすくするよう取り組んでいる。

今日、ランドマークは世界中のどこからでも見ることが可能だ。これは、ストリートビュー(SV)と呼ばれるオンライン地図アプリケーションで360度の写真を見ることができるためである。SVを利用してランドマークを確認することができれば、世界中すべてのバス停に足を運んで確認するよりも、研究者にとって効率的で費用対効果が高まることが証明されるだろう。これは、ランドマークやバス停までの道順を音声で案内するようなアプリケーションなどの技術の発展への一歩になると考えられている。

SVが情報収集において高い信頼性をもった情報源であるかどうかを検証するためにある調査が行われた。SVに表示されているランドマークの数と、同じ場所で撮影された写真、すなわちフィジカルビューPV(Physical View:フィジカルビュー)に表示されているランドマークの数を比較し、それらの一致の度合いを確認しました。PVは、アメリカの都市にある179のバス停で様々な角度から研究者らが撮影した7~10枚の写真で構成されている。重要なランドマークは次の6つのカテゴリーに分類された。(a)バス停の標識、(b)バス停のシェルター(上屋)、(c)ベンチ、(d)ゴミ・リサイクル品回収箱、(e)郵便受け・新聞箱、(f)交通標識等のポール。3名の研究者が、SVとPVの両方のデータにおけるランドマークの数を数えた。この3人の間で数字が異なる場合は、最小値から最大値まで順に並べ、真ん中の数字を使用した。

表1は、PVとSVのそれぞれで見つかったランドマークの数をまとめたものである。例えば、ベンチはPVで133個、SVで121個だった。全体としては、PVのほうがSVよりもランドマークの総数が多くなっている。

表1
PVとSVの数及び一致率

ランドマークの種類PVSV一致率
バス停の標識1671520.61
バス停のシェルター1020980.88
ベンチ1331210.88
ゴミ・リサイクル品回収箱1000950.72
郵便受け・新聞箱0690560.78
交通標識等のポール1621530.81

さらなる分析のため、PVのデータとSVのデータにおける観測の一致率が算出・検討された。その結果は表1の一致率として示されており、数値が大きいほど一致率が高いことを示している。研究者らは、0.60以上の値であれば一致しているものとみなした。バス停のシェルターとベンチは0.88と最も高い一致率を示した。

結論としては、SVの使用はランドマークの認識に有効である。次の研究では、今回の方式をさらに評価するために、別の人々をオンラインで募集した。彼らは簡単な訓練を受けた後に同じSVのデータ内のランドマークを数え、その正確性が測定された。

(Kotaro Hara 他(2015) Improving Public Transit Accessibility for Blind Riders by Crowdsourcing Bus Stop Landmark Locations With Google Street View: An Extended Analysisの一部を参考に作成)

問1

答:②

本文によると、SVの利点は何か。

①360度の写真でランドマークの自動的な確認が可能である。
②離れた場所からランドマークを検出するために使用可能である。
③360度の写真を撮影する際に重宝する。
④現場に新たなランドマークを作ることを支援する。

【解説】
第2段落第1文で「ランドマークは世界中どこからでも見られる」と述べられ、続く第2文で「これはSVと呼ばれるアプリで360度の写真が利用できるおかげである」と述べられており、これらに合致するのは②。

問2

答:②

SVデータの中で、1人目が82個、2人目が89個、3人目が84個の郵便受けを見つけた場合、郵便受けの数は何個とされるか。

①82
②84
③85
④89

【解説】
第3段落最終文で「3人の数字が異なった場合は最小値から最大値まで順に並べ、真ん中の数値を使用する」と述べられており、これに合致するのは②。

問3

答:③

この報告書の情報に基づいて正しいものは次のうちどれか。

①95個のゴミ・リサイクル品回収箱が実際の現場で見つかった。
②バス停のランドマークの位置を特定する上で、PV写真は効果的ではなかった。
③バス停の標識に関するSVとPVの数値は一致していると考えられる。
④ランドマークの数はSVのほうがPVよりもはるかに多かった。

【解説】
第5段落第3文で「研究者は0.60を超える値は一致しているものとみなす」と述べられており、表1によるとバス停の標識の一致率は0.61なので、③がこれらに合致する。①は、問2で見た通り95が実際の値とは限らないため誤り。②は、第6段落第1文で「SVは有効だ」とはあるが、「PVは有効でない」という記述はないため誤り。④が誤りなのは表1を見れば明らか。

問4

答:①

次に行われた研究では、[36]がどの程度上手くいくかが調べられた。

①別の人々がオンライン地図アプリケーションを使用してランドマークを特定すること
②別の人々がバス停の写真をカメラで撮影すること
③研究者がバス停で撮影されたオンライン写真の中からランドマークを発見すること
④研究者が現地を訪問し、オンライン地図にランドマークの情報を追加すること

【解説】
第6段落第2文で「次の研究では(今回の研究者とは)別の人々が採用された」と述べられ、最終文で「彼らは同じSVデータのランドマークを数え、その正確さが測定された」と述べられている。これに合致するのは①。

他の大問の解答・解説・和訳を見る

→ 第1問の解答・解説

→ 第2問の解答・解説・和訳

→ 第3問Aの解答・解説・和訳

→ 第3問Bの解答・解説・和訳

→ 第4問Bの解答・解説・和訳

→ 第5問の解答・解説・和訳

→ 第6問の解答・解説・和訳

コメント

タイトルとURLをコピーしました