スポンサードリンク

【2020解答速報】センター試験[英語筆記]第4問Bの解答・解説・和訳

問題と解答はこちら↓

センター英語筆記2019本試験

センター英語筆記2019本試験解答

スポンサードリンク
スポンサードリンク

2019年度センター英語(筆記)の解答・解説・和訳

第4問B

問1 ③

4つすべての城に共通する特徴は何か。

①損傷の程度
②絵と武器の展示
③500年以上の歴史
④建造された目的

広告の上から順に、それぞれ13世紀、12世紀、11世紀、15世紀と書かれている。

問2 ②

グランドルフォーク大学のギター部のメンバー3名が4月の午後にコンサートを開きたいと思っている。彼らが選ぶ可能性が最も高いのはどの城か。

①クレストベイル城
②ホルムステッド城
③キングズ城
④ローズブッシュ城

広告の中に “suitable for performances”「興行・催し物に適している」とある。

問3 ②

ある学校の教師たちが、5月の土曜日に生徒たちをグランドルフォークへ連れていきたいと考えている。その目的は、城を訪れ、城のスタッフから説明を聞くことでその地域の歴史についての生徒の知識を増大させることである。教師たちが最も選ぶ可能性が高いのはどの組み合わせか。

①クレストベイル城とホルムステッド城
②クレストベイル城とキングズ城
③ローズブッシュ城とホルムステッド城
④ローズブッシュ城とキングズ城

消去法で行く。ホルムステッド城はガイドスタッフによる案内はない。ローズブッシュ城は土曜日は閉まっている。

問4 ②

母親、父親、そして4歳と8歳の2人の子供が、9月のどこかでグランドルフォークの城のどれか1つを訪れ、芸術鑑賞をしたいと考えている。費用はどれほどかかるか。

①14ユーロ
②17ユーロ
③20ユーロ
④25ユーロ

消去法で行く。クレストベイル城とホルムステッド城は芸術鑑賞のできるものがない。またローズブッシュ城は7月までしか開いていない。以上よりキングズ城が残る。料金表を見ると大人1人7ユーロ、子ども1人3ユーロで、枠下に5歳未満は無料とある。以上より7×2+3=17となる。

 

グランドルフォークの城

クレストベイル城

グランドルフォーク北部の国境を守るために建造されたこの13世紀の城跡は、現在研究者らによる調査が行われています。一般公開期間中は、日曜日を除き、研究によって明らかになりつつあるこの地の歴史をガイドが説明します。

ホルムステッド城

南部の国境地方の防衛のために12世紀に建造されたホルムステッド城は、16世紀に廃城となりました。入り口にはその歴史を説明する看板があります。この城の広場は興行や催し物などに適しています。

キングズ城

11世紀にさかのぼると、キングズ城は国内で最大級の城でした。所蔵する絵画や家具は、その地域の過去を垣間見せてくれます。ガイドは毎日利用できます。

ローズブッシュ城

城と呼ばれてはいますが、この完全保存されていた15世紀の建造物は、純粋に民家として建てられたものです。月曜日から金曜日まで、ガイドがこの家族の歴史にまつわる話を語り、収蔵されている現代彫刻について説明します。部屋の一部は公共の催し物などに利用可能です。

 

 開城時間一日料金
時間大人子ども
(5-16歳)*
クレストベイル城4 – 10月10:00 – 16:00€3€1
ホルムステッド城4 – 19月10:00 – 17:00€5€2
キングズ城4 – 11月10:00 – 18:00€7€3
ローズブッシュ城4 – 17月09:00 – 12:00€10€5

*5歳未満のお子様は入城無料です。

他の大問の解答・解説・和訳を見る

→ 第1問の解答・解説

→ 第2問の解答・解説・和訳

→ 第3問Aの解答・解説・和訳

→ 第3問Bの解答・解説・和訳

→ 第4問Aの解答・解説・和訳

→ 第5問の解答・解説・和訳

→ 第6問の解答・解説・和訳

コメント

タイトルとURLをコピーしました