【2021年受験用】東京理科大学入試情報

スポンサードリンク

学部を選択

理学部第一部

▼ 予想ボーダーライン(2021年受験用)

学科等方式等偏差値共テ得点率
A方式79%
B方式60.0
C方式60.076%
グローバル62.5
物理A方式80%
B方式62.5
C方式62.579%
グローバル62.5
A方式74%
B方式60.0
C方式57.582%
グローバル60.0
応用数A方式74%
B方式60.0
C方式57.574%
グローバル57.5
応用物理A方式73%
B方式57.5
C方式57.572%
グローバル57.5
応用化A方式79%
B方式62.5
C方式62.576%
グローバル60.0

※河合塾2020年11月公表値
ボーダーラインについて

▼ 関連情報

合格最低点推移

倍率推移

工学部

▼ 予想ボーダーライン(2021年受験用)

学科等方式等偏差値共テ得点率
建築A方式80%
B方式62.5
C方式62.578%
グローバル60.0
工業化A方式73%
B方式57.5
C方式57.577%
グローバル57.5
電気工A方式78%
B方式62.5
C方式60.076%
グローバル60.0
情報工A方式82%
B方式62.5
C方式60.079%
グローバル60.0
機械工A方式80%
B方式62.5
C方式62.579%
グローバル62.5

※河合塾2020年11月公表値
ボーダーラインについて

▼ 関連情報

合格最低点推移

倍率推移

薬学部

▼ 予想ボーダーライン(2021年受験用)

学科等方式等偏差値共テ得点率
A方式78%
B方式62.5
C方式60.082%
グローバル62.5
生命創薬科A方式73%
B方式60.0
C方式57.576%
グローバル60.0

※河合塾2020年11月公表値
ボーダーラインについて

▼ 関連情報

合格最低点推移

倍率推移

理工学部

▼ 予想ボーダーライン(2021年受験用)

学科等方式等偏差値共テ得点率
数学A方式72%
B方式60.0
C方式60.071%
グローバル60.0
物理A方式73%
B方式60.0
C方式60.076%
グローバル60.0
情報科A方式79%
B方式62.5
C方式60.077%
グローバル60.0
応用生物A方式76%
B方式60.0
C方式57.576%
グローバル57.5
建築A方式78%
B方式62.5
C方式60.082%
グローバル60.0
先端化A方式74%
B方式60.0
C方式57.574%
グローバル57.5
電気電子情報工A方式76%
B方式60.0
C方式57.579%
グローバル60.0
経営工A方式77%
B方式60.0
C方式57.576%
グローバル57.5
機械工A方式76%
B方式60.0
C方式57.574%
グローバル57.5
土木工A方式71%
B方式57.5
C方式57.576%
グローバル55.0

※河合塾2020年11月公表値
ボーダーラインについて

▼ 関連情報

合格最低点推移

倍率推移

基礎工学部

※基礎工学部は2021年4月より先進工学部に改称予定(これに伴い、電子応用工学科→電子システム工学科、材料工学科→マテリアル創成工学科、生物工学科→生命システム工学科にそれぞれ改称予定)。

▼ 予想ボーダーライン(2021年受験用)

学科等方式等偏差値共テ得点率
電子応用工A方式73%
B方式60.0
C方式57.572%
グローバル57.5
材料工A方式72%
B方式57.5
C方式57.572%
グローバル57.5
生物工A方式76%
B方式55.0
C方式55.072%
グローバル55.0

※河合塾2020年11月公表値
ボーダーラインについて

▼ 関連情報

合格最低点推移

倍率推移

経営学部

▼ 予想ボーダーライン(2021年受験用)

学科等方式等偏差値共テ得点率
経営A方式 79%
B方式60.0
C方式57.574%
グローバル60.0
ビジネスエコノミクスA方式 77%
B方式60.0
C方式57.574%
グローバル57.5
国際デザイン経営A方式 79%
B方式57.5
C方式60.073%
グローバル57.5

※河合塾2020年11月公表値
ボーダーラインについて

▼ 関連情報

合格最低点推移

倍率推移

理学部第二部

▼ 予想ボーダーライン(2021年受験用)

学科等方式等偏差値共テ得点率
数学A方式71%
B方式45.0
物理A方式62%
B方式45.0
化学A方式57%
B方式45.0

※河合塾2020年11月公表値
ボーダーラインについて

▼ 関連情報

合格最低点推移

倍率推移

ボーダーラインについて

  • ボーダーラインは河合塾が予想する合否の可能性が50%に分かれるラインを意味します。
  • 表示しているボーダーラインは、2020年11月現在予想のものです。前年度入試の結果と今年度の全統模試の志望動向を参考にして設定していますが、今後の模試の志望動向等により変更する可能性があります。また、大学の募集区分も変更の可能性があります。
  • ボーダーラインはあくまでも入試の難易度を表したものであり、各大学の教育内容や社会的位置づけを示したものではありません。

出典:河合塾Kei-Net

偏差値ランキング

国公立大学私立大学

合格最低点推移15ヵ年

国公立大学私立大学
タイトルとURLをコピーしました