共テ英語の問題文に誤解を招く表現 日本食品添加物協会が危惧表明

スポンサードリンク

2021年度大学入学共通テストの英語リーディング(1/16実施)で出題された甘味料に関する問題文の内容について、一部に誤解を招く恐れがある表現が含まれているとし、日本食品添加物協会は1/21、同協会ホームページで見解を公表した(PDHはこちら)。

2021 年大学入学共通テストの英語(リーディング)問題文に対する見解

令和3年1月

一般社団法人 日本食品添加物協会

1.経緯
 2021 年 1 月 16 日・17 日に実施されました大学入学共通テストの英語リーディングで、甘味料に関する英文を読解する問題が出題されました。
 該当部分を以下に抜粋にて示します。

英語リーディング第 6 問 B より
「Apart from calories, however, some research links consuming artificial LCSs with various other health concerns. Some LCSs contain strong chemicals suspected of causing cancer, while others have been shown to affect memory and brain development, so they can be dangerous, especially for young children, pregnant women, and the elderly.」
(当協会和訳)
「しかしながら、カロリーとは別に、ある研究は、人工的に作られた低カロリー甘味料摂取と様々な健康への懸念を関連付けています。低カロリー甘味料のうち、発がん性の懸念のある強力な物質を含むものもあれば、記憶力、脳の発達に影響するものもあり、それらは、特に幼児、妊婦、高齢者に危険となりえます。」

本抜粋箇所の表現は、受験生及び多くの関係者に甘味料に対する誤解を与えるものと、当協会は判断いたしました。

2. 問題文章に対する当協会の見解
 甘味料に関する研究は幾多と発表されており、出題内容そのものを明らかな誤りとして指摘するものではありません。しかしながら、研究発表された内容だからといって、それが安全性の専門家または機関にて検証されているとは限りません。
 甘味料等の食品添加物は、様々な論文等を基に複数の専門家による審議を経て、安全性が確認されて
います。今回の共通テスト問題文で取り上げられました低カロリー甘味料(aspartame, Ace-K, stevia, sucralose, advantame)は、日本のみならず海外各国でその安全性に問題無いとして使用が認められているものです。このことに関する記載が無く、ごく一部の研究内容を基に安全性への懸念だけをクローズアップすることは、公に使用が認められている甘味料に対して、誤った認識及び不安や混乱を与えてしまうものと考えます。
 このような内容が、非常に多くの国民に認知されている大学共通テストの場で問題文章とされることは、学生、教育関係者のみならず多くの方々に不利益をもたらすものであり、適切ではないと考えます。

 当協会では、食品添加物の正確な知識の啓発を大きな使命として活動しております。今回の問題文章の内容は、当協会の啓発冊子、ホームページ、講演活動、等の啓発活動において教育関係者及び消費者の方々にご説明している内容に合わないものです。今回の問題文章が社会全体にマイナスの影響を与えることを危惧し、本見解を掲載するに至りました。

出典:https://www.jafaa.or.jp/wp-content/uploads/2021/01/210121_kyokaikenkai_re.pdf
日本食品添加物協会ウェブサイト:https://www.jafaa.or.jp/archives/news/4028

なお、この記事の作成時点では大学入試センターの公式サイトではまだ反応が見られない。

共通テストの英語リーディングの問題には、センター試験にはなかった fact と opinion を識別する設問も含まれており、今回の日本食品添加物協会の見解は、皮肉にも自らが出題する問題文について fact チェックが甘かったのではないかという暗示になる。

英語リーディング第6問の問題・解答・解説・和訳

コメント

スポンサードリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク
タイトルとURLをコピーしました