【身の丈入試】「身の丈に合った」は英語でどう言う?

萩生田文部科学大臣の失言問題が世間で話題となっていますね。

「身の丈入試」なんていうのがもはや流行語大賞にでもなりそうな勢いです。

しかし果たして、憲法問題にすら発展しかねないレベルで重要な発言だということに気付いている人はどれほどいるのでしょうか。

受験と無関係な一般人にとっては、単なる面白発言の一つに過ぎないのではないかと思います。

「身の丈でいいじゃないか」とか、「無理をするのはよくない」とか言っている人が良い例です。この発言を擁護するのは、大臣の身内か、何の話題であるかもわかっていない野次馬だけです。

ただ、「身の丈入試」という語呂の良い言葉が出てきたことで、世間の目がようやく大学入試改革の問題点に向けられそうで、それ自体は喜ばしいことだと思います。

実施延期という言葉も報道され始めてきましたし、受験生たちの入試が本当に受験生たちにとっての入試になることを願ってやみません。

さて、閑話休題。

「身の丈入試」を英語で言うと?

名詞表現として英語にするのは難しいので、よくある言い回しを紹介しておきます。

Choose a university according to your academic ability.
「身の丈に合った大学を選びなよ。」

“according to ~”は「~に合わせて/したがって」、”academic ability”は「学力」なので、「あなたの学力に合わせて」となり、極めて普通の言い回しです。

成績の良い受験生に対して使えばもっと上の大学を目指しなよという意味になり、成績の悪い受験生に対しては、高望みしすぎるなよ、という意味になります。

後者はやや意地悪な響きがありますが、問題発言として捉えられる類の言葉とまではいかないでしょう。勉強をしない本人にも責任はあるわけですからね。

しかし一方で、こんな英訳も可能です。

Choose a university within your means.

このように言うとマズいです。問題発言です。

話の文脈で考えると、萩生田大臣のセリフは英訳するとこっちになりそうなんですよね。

meansとは何か、この文の何がマズいのかは次の項目を参照してください。

「身の丈に合った」の英語表現いろいろ

live within one’s means

「身の丈に合った生活をする」という意味のイディオムで、日常的にも意外と見聞きする表現です。

live within one’s means

ここでのmeansは「収入」の意味の名詞で、incomeと言い換えても大丈夫です。直訳はそのまま「収入の範囲内で生きる」ですね。

英英辞書の定義と例文を引用します。

Definition:
to spend money only on what one can afford

Example:
He began to save money when he finally learned to live within his means.

Merriam-Webster

定義と例文の和訳を見る

定義:
支出可能なものだけにお金を費やすこと

例:
彼は節約を始めた。ようやく身の丈に合った生活のしかたを覚えたのだ。

和訳の解説を見る

「定義」の和訳について

“spend money on ~”で「~にお金を費やす」となります。

もう少し広く言うと、”spend A on B“「AをBに費やす」という形であり、Aにはmoneyの他にtimeやeffortを用いることもよくあります(この時のeffortは「努力」よりも「労力」と訳す方が自然でしょう)。

“can afford O“は「Oに費やすことのできる金銭的または時間的余裕がある」という意味です。

※ちなみにcanやbe able toを付けないaffordはprovide「提供する」に近い意味になりますので注意してください。

「例文」の和訳について

“learn to V“は基本的に「Vすることができるようになる/覚える/習得する」と訳します。「学ぶ」と訳すとニュアンスが異なってしまうことがあるため、なるべく避けたほうがよいでしょう。

ここで登場した”within one’s means”を用いて「身の丈入試」に当てはめたのが、冒頭の例文です。

再掲します。

Choose a university within your means.

これは当然ながら「収入の範囲内で大学を選べ」という意味になりますから、経済格差を容認し、教育を受ける権利の平等性に反する文言であることがわかります。憲法問題に発展しかねないというのはこの部分です。

萩生田氏が批判されている理由もここにあるのです。

make ends meet

「身の丈に合った生活をする」のもう一つの言い方です。これも一種のイディオムであり、大学入試などでも出題されたことがあります。

make ends meet

ここでのendsは「帳尻」の意味で、直訳は「帳尻を合わせる」です。

※「帳尻」とは「帳簿の尻」のことで、この場合の尻は「最後の部分」の意味です。「帳尻を合わせる」とは、収入の最後と支出の最後が合うようにする、つまりプラスマイナス0にするということです。

Definition:
to have only just enough money to buy the things you need

Example:
When Mike lost his job, we could barely make ends meet.

Longman

定義と例文の和訳を見る

定義:
必要なものを買うだけのお金しか持ち合わせていないこと

例:
マイクが職を失うと、私たちは身の丈に合わせた生活をするのがやっとだった。

和訳の解説を見る

「定義」の和訳について

“just enough money to V“で「Vするのにちょうどのお金」の意味です。お釣りなしの、ちょうどぴったりの、といったニュアンスになります。

生活必需品を買うだけでお金がなくなってしまうわけです。厳しい生活ですね・・・。

「例文」の和訳について

“can barely V“は「かろうじてVすることができる」という意味です。barelyは「ギリギリセーフ」な感じで、「もうそれ以上の余裕はない」といったニュアンスです。

ちなみに、大学入試で出題された問題はこちらです。

空所A・Bに入れるのに最も適切なものを1~4の中から1つ選びなさい。

My mother is trying very hard to ( A ) ends meet, ( B ) she never lets me buy anything unnecessary.

  1. A: get B: but
  2. A: get B: so
  3. A: make B: but
  4. A: make B: so

センター試験(2014本試 第2問A 問10)

解答・解説・和訳を見る

正解は4番です。

Aでは”make ends meet”を作り、Bではその意味を捉えてso「だから」とすれば適切な文になります。

和訳:
私の母は家計が赤字にならないように一生懸命なので、不要なものは絶対に買わせてくれません。

Cut your coat according to your cloth

少し古い英語のことわざですが、まだまだ現役で使われています。

Cut your coat according to your cloth.

直訳すると、「あなたの布にあわせてあなたのコートを切れ」となりますが、これでは意味がよくわかりませんね。

この文のcutは、もともと持っているコートを「切ってしまう」ということではなく、布を切ってコートを「作る」という意味です。

※こういう場合は「切る」の代わりに「裁つ」という言葉を使うこともあります。

要するに、「上着が欲しけりゃ自分で作れ。自分が持っている布の大きさで我慢しろ。」といった意味です。自分の服を自分で作らなければならなかった時代の言葉というわけですね。

これが転じて「身の丈に合わせてやりくりしろ」という意味で用いられているのです。

英英辞書に掲載されている定義と例文を見てみましょう。

Definition:
to make plans and decisions that are based on what you have and not what you would like

Example:
It is up to organizations which were supported by the taxpayer to cut their coats according to the cloth available.

Collins Dictionary

定義と例文の和訳を見る

定義:
何らかの計画を立てたり決定をする際において、拠り所とすべきは手元にある資金であって、あればよいという理想の予算を元手としてはいけないということ。

例:
納税者によって支援を受けている組織において、運用可能な資金のみでやりくりをすることはその責務である。

和訳の解説を見る

「定義」の和訳について

“what you have”は直訳すると「あなたが持っている物」ですが、お金に関わる文の場合は「財産」や「資産」という意味で捉えることもあります。この文でもそれを意識して訳しています。

“not what you would like”は、まず構造として”based on”がnotの後に省略されています。同一語句の繰り返しを避けているのですね。

そして、”would like”はwantと同じ意味ですから、”what you would like”を直訳すると「あなたが欲しいもの」となります。これに先ほどの”what you have”のニュアンスを合わせて上記の和訳を作りました。

※ちなみに私の和訳のこだわりのようなものですが、極力英文の順序に合わせて日本語にしています。前にある単語は前に、後ろにある単語は後ろに置いておけるように工夫していますので、その点はご了承ください。

「例文」の和訳について

この文の”up to ~”は「~に責任がある」の意味です。主語のItは仮主語で、後の不定詞句”to cut their coats according to the cloth available”を真主語とします。

最後のavailableは「利用可能な」の意味の形容詞ですが、しばしば修飾する名詞の後に置かれます。

以上から、直訳すると「利用可能な布にあわせてコートを作ることは、納税者に支援されている組織に責任がある」となります。

この直訳では意味が伝わりませんから、わかりやすく直したのが上の和訳です。

know one’s limit

「身の丈に合わせる」は「身の程を弁える(わきまえる)」とも言えます。

萩生田大臣の発言を揶揄(やゆ)する人々の多くはこの意味で取っています。

これを英語で言うと、

You should know your limit.

となります。

直訳で「自分の限界を知るべきだ」となり、十分意味が通じます。

似たような表現で、

You should remember your place.

というのもあります。

この場合のplaceは「立場」の意味で、直訳で「自分の立場を思い出す/覚えておくべきだ」となりますね。

match one’s height

最後は読んで字のごとく、「身長に合わせる」という表現です。これには特に特別なニュアンスはありません。

“match your height”で検索すると、次のような記事がヒットしました。

A single piece of string could tell you if you’re a healthy size. Cut the string to match your height, then fold it in half. If it reaches around your waist, you’re in good enough shape to be healthy, say researchers who studied data on waist-to-height.

「Web MD」より引用

和訳を見る

たった一本の紐であなたの体が健康的なサイズであるかどうかを知ることができます。あなたの身長に合わせて紐をカットし、それを半分に折ります。それをあなたの腰に回して、紐の両端がつながるようであれば健康的な肉体です。こう述べるのは、腰と身長に関するデータを調査した研究者らです。

まとめ

いかがでしたか?

みなさんの英語の「身の丈」が少しでも伸びてくれたなら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました